手火山式とは魚を焙乾(ばいかん)する方法で、強い火力でじっくりと燻し、乾かす事でおいしさを中に閉じ込める技術の事です。工程の大半を職人の手作業で行う為に、大量生産ができず、非常に手間と時間がかかる製法のため、生産業者も少なく、今では希少となっています。

職人さんが手間暇かけて新鮮なあご(飛魚)
燻製に仕上げる事で、
今までの焼きあごとは違った風味と
深みのある出汁を作ることが出来る
大切な素材なんです。

職人さんが手間暇かけて新鮮なあご(飛魚)を燻製に仕上げる事で、今までの焼きあごとは違った風味と深みのある出汁を作ることが出来る大切な素材なんです。